PR

朝活のすすめ。早起きするメリット。朝のゴールデンタイム活用法

最近、朝早く起きることを意識しています、チャッピーです。

朝活することは、とても有益だと感じているため記事にしていきます。

参考にしたのはこちら「朝イチの「ひとり時間」が人生を変える」 

早起きすると以下のようなメリットがあります。
  • 生産性の向上
  • 健康への影響
  • リラックスした時間

早起きのデメリットも上げておきます。

  • 睡眠不足
  • 集中力の低下
  • ストレス増加
  • 夜型の人には向かない
スポンサーリンク

早起きのメリット

・生産性の向上

朝早く起きることにより、朝の落ち着いた時間により集中した状態が作れる。

これは夜に一日疲れた状態でルーティンをこなすよりも、

朝にリフレッシュした脳でルーティンをこなす方がより効率よくできるため。

・健康への影響

朝日を浴びることにより体内時計がリセットされ、ビタミンDの生成やスッキリした状態をつくることができる。

・リラックスした時間

朝は静かで落ち着いた時間を過ごすことができます。

特にトラブルなども舞い込むこともなく、趣味に没頭したり、本を読んだり、散歩をしたり、

誰にも邪魔されない時間をすごすことができます。

朝の時間を日々のルーティンをこなす時間にすると、日中の時間をゆったりと過ごすことができるので、自己肯定感も爆上がりになること間違いなし。

 

 

早起きのデメリット

・睡眠不足

そもそも睡眠時間を確保できていないのに、早く起きすると睡眠不足に陥ります。

健康に悪影響を及ぼすほか、スッキリした状態をつくることが難しくなります。

・集中力の低下

朝早く起きることにより、日中のパフォーマンスが低下する。

寝不足の状態では満足に集中することが難しくなり、ルーティンワークのクオリティが下がる。

・ストレス増加

朝早く起きなければ!とプレッシャーを与えることによりストレスになってしまう。

無理な睡眠サイクルを作るのではなく、眠りに入る時間をすこしづつ早くすることで無理のない睡眠サイクルを確保しなければ本末転倒になってしまう。

・夜型の人には向かない

夜型の生活リズムを持つ方には、全く当てはまらないため、朝活はできない。

夜型の生活リズムの方には他の時間活用術をもつ。

まとめ

このように朝活のメリットがあるので、夜型の生活リズムでない限り、

 

少しでも朝早く起き、自分の時間を確保することで

 

とても充実した時間を過ごせると思いました。

 

特に日中は日々のルーティンに追われることが多く、

朝早く起きて至福のコーヒーを楽しむだけでも、一日の満足度が上がるように思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました