PR

できないロール、初めましたカヤック。ロール練習と沈したときの対処

どうもチャッピーです。

私カヤックを始めまして、ロールの練習をしているのであります。

ところが全然できません。

そのため、つまずきポイントを抑えて行こうと思います。

そもそもロールとは?

転覆した(沈した)際に、パドルを使って腰のひねりで、転覆から起き上がる方法です。

 

また沈したとき(カヤックから脱出するとき)の対処

慌てずに、コーミングからスプレースカートを外し、前転をするようにカヤックから脱出します。

 

 

 

スポンサーリンク

カヤックのロール

カヤックのロールとは

早速ロールとはどういったものか押さえていきます。

「引用:YOUTUBEより」

ロールとは転覆した際に、起き上がる方法のことを指します。

何かの拍子に、転覆することがよくあります。

 

なんなら初めてのチャッピーはカヤックに乗って

何か動作をする度に転覆していました。

初めてのインプレッションは苦行でした。

悔しい。

 

ロールのやり方

さて、ロールのやり方を書いていきます。

  1. セットする

  2. スイープストロークをかける

  3. 起き上がる

といった手順をのりこえてロールが完成します。

セットする

これは転覆したあと、セットと言って両手を水面に出します。

これは左右どちらでも良く、慣れてくるとどちらでもセットすることにより起き上がれるようになるようです。

よくあるのは、右なら右、左なら左と決めてセットするほうが水中で慌てることなくセットできるようになります。

わたしは、まず右にセットすると決めて始めました。

スイープストロークをかける

そして、落ち着いてセットができるようになったら、スイープストロークをかけていきます。

このときに、パドルの面が水の抵抗を受けて浮力を感じるようにするのが、ポイントになるようです。

初めはこの感覚が分からなくてひたすらに焦っていました。

誤解を恐れずに、いうなれば手を使って補助してあげるという感覚でしょうか…。

 

この浮力を感じられるようになってくると、体が持ち上がってくるようになります。

起き上がる

さて、スイープストロークが効いてくると体が起き上がってきます。

ここで肝心なのが、頭の位置。

頭は体で一番重たい場所になるため、焦って呼吸をしようとすると

また沈みます。

 

頭は一番最後に起き上がるように、腰、お腹、胸、首、頭。

と柔軟に、順番に、しならせながら起き上がると完成します。

 

ここまで来るととても、ハッピーな気分になります。

幸せ!

スポンサーリンク

ロールの練習

原理がわかってきたところで、ひたすらに練習をしていきます。

先に示した方法を一つづつ分けて練習していくのが良いと思います。

  1. セットする

  2. スイープストロークをかける

  3. 起き上がる

セットする

セットに慣れるまでは、鼻栓やゴーグル、近くに補助してくれる人がいる方が落ち着いてセットできます。

ここではパニックにならないことがポイントになります。

メンタル的に落ち着く、数秒であれば息が続くなど

水中にいることの慣れを作っていきます。

スイープストロークをかける

水中に慣れてくるとスイープストロークが、落ち着いてかけられるようになります。

安定してスイープストロークができると、静水でも、流水でも、成功率が上がります。

そしてスイープストロークが最後の最後までストロークできると、慌てていたときの力みが嘘のように自然と上がってくるようになります。

あら被不思議。

起き上がる

起き上がってきて油断は禁物です。

体を起こす順番を怠っては、もう一度転覆してします。

ここから、体の起こす順番を再度意識しながら起こせば起き上がれます。

 

沈したときの対処

沈したときの対処

沈したときの対処としては、脱出する方法があります。

このときに大事になってくるのは慌てずに、コーミングに手をかけ

スプレースカートをめくり、前転するようにしてカヤックから脱出していきます。

その後転覆しているカヤックをすぐさまひっくり返して、カヤックに多くの水が浸水しないようにします。

周囲の安全を確認しながら、近くの岸に泳いでいけそうなら岸まで泳ぎます。

自分とカヤックが瀬にいる場合は引っかからないよう、瀬をやり過ごします。

まとめ

まとめます。

カヤックのロール練習と沈したときの対処ですが、動きを一つづつ分解して慌てずに行いましょう。

それと慣れるまでは、ひたすら同じ動作の確認を行い一つづつ自信をつけてステップを上げていきましょう。

また、練習するときは流れの穏やかな場所、サポートして貰える人、安全に配慮して環境で行いましょう。

 

ということで、ひたすらロールの記事でした。

これでイメージを作ります。

あとは実践に出てひたすら反復あるのみ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました