PR

モバイルフレンドリーか?Googleのテストツールを使ってみる。

初心者の私が、SEOについて調べていると、モバイルフレンドリーという言葉を目にする機会が出てきました。

モバイルフレンドリー?。テストツール?

なにそれ、なんか役に立つの?

何にも知らない私自身に残すため、まとめます。



スポンサーリンク

そもそもモバイルフレンドリーって?


モバイルによって世界は変わりつつあります。今日では、誰もがスマートフォンを持ち歩き、常にコミュニケーションをとったり情報を探したりしています。多くの国で、スマートフォンの数がパソコンの数を上回っており、モバイル フレンドリーなウェブサイトは、オンラインでの存在感を高めるうえで欠かせないものとなってきました。


https://developers.google.com/search/mobile-sites/



この説明を読んでいくと、スマホはパソコンより利用が多くて、オンラインでの存在感を高めるにはモバイルフレンドリーなサイトを用意したほうがいいですよ!

ってことですね?

私にはそのように受け取りました。

モバイルフレンドリーって必要なの?


これは、そもそも必要なのか?

結論から言うと必要

訪れて頂いた人に読みやすく、使いやすいサイトを目指すにはマストとも言える要素です。

 


PC 向けのサイトは、モバイル端末では見づらくて使いにくいことがあります。モバイル フレンドリーではないサイトの場合、ユーザーはコンテンツを読むためにピンチやズームなどの操作が必要になります。こうしたことに不満を感じたユーザーは、サイトを離れてしまう可能性があります。これに対し、サイトがモバイル フレンドリーであれば、コンテンツが読みやすく、すぐに利用できます。
米国では、スマートフォンのユーザーの 94% が地元の情報をスマートフォンで検索しています。モバイル検索の 77% は自宅や職場で行われています。パソコンがある可能性が高いこれらの場所でモバイル検索が行われているのは興味深いことです。
お気に入りのスポーツチームに関するブログの作成、劇場のウェブサイトの運営、顧客への商品の販売など、ビジネスの種類を問わずにモバイルは重要となっており、今後もその重要性は変わらないと考えられます。サイトでは、ユーザーがモバイル端末からアクセスした場合に、優れたエクスペリエンスを確実に提供できるようにする必要があります。


https://developers.google.com/search/mobile-sites/


テストツールで実際に調べてみた。


早速テストツールを使って調べてみました。
テスト方法は至って簡単でテストしたいURLを入力して「URLをテスト」を実行するだけです。

モバイルフレンドリーテスト

実際に調べたスクリーンショットをのせておきます。

 

 

自分のURLを入力してっと。


テスト結果が出るまでしばし待ちます。

どんな結果になるのやら。

モバイルフレンドリーの結果


結果が表示されました。

私としてはモバイルフレンドリーであるはずだ!!。

と思ってました。

この結果が出るまでは…。


こ、これは!!


このページはモバイルフレンドリーではありません。


なんと!

モバイルフレンドリーではないようです。

原因は以下の2件に問題があるようです。

 

× クリック可能な要素同士が近すぎます。

× コンテンツの幅が画面の幅を超えています。

 

(2023年8月)現在はcocoonにかえて計測してみたところ、モバイルフレンドリーとなることができました。

やったね!

 

モバイルフレンドリーのまとめ

この段階ではモバイルフレンドリーではない結果となりました。

少しづつブログをより良いものに変えていき、モバイルフレンドリーなブログに変えていけることを方針として、考えていきたいと思います。

2023年8月追記

テーマを変えた影響か、モバイルフレンドーという結果を得られることができました。

今後もモバイルフレンドリーを意識した、ブログ運営を心掛けていきます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました