PR

銀山温泉GW2024混雑でバスに乗れない?タクシーが必要かも詳しく

銀山温泉は、山形県尾花沢市にある温泉で、江戸時代に銀がとれたことから銀山となっているようです。

そして写真映えがする、レトロ調な建物が人気の1つでもあります。

ここでは、温泉と写真映えする銀山温泉は、GW2024混雑時バスに乗れないのか?タクシーが必要なのかも詳しく見ていきます。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

銀山温泉GW2024:混雑でバスに乗れない?

銀山温泉へは、混雑でバスで乗れないのか?詳しく見ていきます。

銀山温泉へは定期路線バスが、運行しています。

大石田駅⇒銀山温泉1,000円(運賃前払・1,000円札のみ両替可能)

出発地となる大石田駅発からは、1日5本の運行があります。

  • 9:50
  • 12:35
  • 14:10
  • 15:55
  • 17:45

乗車時間は、独自調べで、「約50分前後」かかるようです。

混雑でバスに乗れない?

さて、定期路線バスが運行されているのですが、肝心の混雑はどうでしょうか。

結論からいうと「混雑時にはバスに乗れない」ようです。

このことからGW時は、混雑で乗れない可能性もあります。

ただ独自に調べた様子では、雪がある冬の時期が特に乗れないようです。

GWは超満員だが、なんとか乗れるとの情報もあります。

バスに乗れないと悲報…

銀山温泉、人多すぎてバスに乗れないと悲報に打ちひしがれている様子もあります。

ここまで来て、バスに乗れないとなると、別の方法も検討しないといけませんね。

予定外のことが起こると次はどうしようと戸惑ってしまうかも知れません。

のちにタクシーや、レンタカーについても詳しくみていきます。

帰りのバスにも乗れない

次は、最終にあたる18時半台の銀山温泉発のバスですね。

帰りのバスも混んでいる様子で、乗れない人もいたという情報があります。

帰りに乗れない。となるとせっかく温泉で温まっても湯冷めしてしまうかもしれません。

防寒対策も必要でしょう。

スポンサーリンク

地元の人もバスに乗れない

さらには、過去の2020年には、地元の人もバスに乗れないという状況。

地元の人からしたらタクシーを使ってほしいと切実な声も聞かれますね。

2時間に1本のバスなので、やはり乗り過ごすと待ち時間が、次の2時間後…。

銀山温泉に行く際には、バスに乗れれるのかが、まず最初の難関と言えそうです。

運賃は前払い

運賃は前払いとなり、大人は片道1000円となります。小人は半額の500円となります。

両替可能とありますが、運行中に両替が増えると、コインを落としたり、バスの遅延につながるため事前に準備しておくのがスムーズでしょう。

さらには、お釣りの都合上やむを得ないのか、お釣りがないと乗車できない場合もあるそう。

せっかく来たのに、釣り銭の事情で予定をキャンセルするのは、なんとも言えない喪失感になると思います。

釣り銭は用意しておくべきでしょう。

バスに乗れない。

となると、他に銀山温泉へアクセスする場合、タクシー、レンタカーなどが考えられますね。

次では、タクシー、レンタカーについても見ていきます。

銀山温泉GW2024:タクシーが必要か?

銀山温泉はタクシーが必要?を見ていきます。

「混雑でバスに乗れない」ところでみてきましたが、混雑時にはバスに乗れないケースも出てきています。

ズバリ、バスに乗りそびれてしまったら、タクシーは必要です。

バスに乗れない場合はタクシーを活用しましょう!

バスに乗れなければ、タクシーを活用しましょう!

往復両方タクシーを活用されている方の感想は、「オススメ」かもとしています。

ぎゅうぎゅう詰めのバスに乗ることを考えたら、タクシー運転手の観光案内を聞きながら銀山温泉へ向かうのは、バスに乗れない不安を消してくれますね。

思い切って、タクシーを利用するのもアリだと思います。

しかし、費用の面では、バスの往復2000円とタクシー代往復14000円(独自調べ)では、圧倒的にバスですね。

以下、近くのタクシー会社リンクをのせておきます。

レンタカーはどうなの?

次にレンタカーについても考えてみたいと思います。

レンタカーは、自分で運転したい方ならアリです。

銀山温泉街エリアは、年間を通じて一般のクルマが入れません。

無料の銀山温泉共同駐車場(12月〜4月閉鎖)に止める必要があります。

少し遠い駐車場にクルマを止めるので、500mほどは歩く必要が出てきます。

大石田駅周辺には、オオボシレンタカーさんが1件あります。

また参考程度に、二駅ほど離れた「村山駅」にも「トヨタレンタカー村山駅西口店」があります。

トヨタレンタカーで費用をみてみるとGWでは、1万円を切る価格になっています。

銀山温泉プラス、他にもみたい時間のある方は、レンタカーもアリかもしれません。

トータルコストでは、ガソリン代や移動距離を考えるとタクシーと同等の費用となりそうです。

まとめ

  • 銀山温泉は混雑時に、バスに乗れない人がいたよう
  • GW混雑時にはバスに乗れない可能性もある
  • バスの運賃は1000円で、両替が出来ない場合は乗車拒否もある
  • タクシーは場合によっては必要
  • レンタカーも自分で運転したい方はアリ

今回は銀山温泉の混雑時、バスに乗れるのか?について見ていきました・

GWの限らず、混雑時は乗れないこともあるため、前もって早く行くことや、時間にゆとりをもつのが良さそうです。

また、バスに乗りそびれたら、タクシーも選択肢に加えておくと安心ですね。

他にも、レンタカーで行くパターンもゆっくりするにはアリです。

この記事でステキなGWになれば、コレ幸いです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました