PR

Google AdSenseで試しにAmazonと楽天の広告をブロックしてみる。

どうもどうもー!

チャッピーです!

Google AdSenseでこれから収益化を図っていくわけですが、どうもAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトをやっている場合は注意をすることがあるようです。
今回はGoogle AdSenseで広告をブロックしてみた!の回です。

 

スポンサーリンク

Google AdSenseで広告をブロックしてみた

今回はAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトをされている方に向けてのお話になります。

そもそも、この話に関してはcookie(クッキー)がどこにあるかと言うのが問題なようです。

cookie(クッキー)とは

アクセス履歴を取得する用途

引用wikipedia:cookie

 

Google AdSenseでAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトのcookieが変わる!?

Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイトをされているときに、Amazonの広告、楽天の広告を運営しているホームページのサイトで掲載していたとします。

閲覧されていた方が、運営しているホームページの広告を見ていただき、購入に至った場合。

cookie(クッキー)の履歴をもとに、運営しているホームページに報酬が払われます。

Google AdSenseで表示されたAmazonの広告楽天の広告をクリックすると、Google AdSenseのcookie(クッキー)に変わるということのようです。

それぞれ、別々にAmazonと楽天の広告を出していた場合、cookie(クッキー)が切り替わってしまって、売上を持ってかれてしまうようです。

Google AdSenseでAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトをブロック!

Google AdSenseでは個別に広告の非表示ができるようです。

ですので個別に、非表示にしていきたいと思います。

非表示にする手順

Google AdSense

Google AdSenseにログイン

広告の許可とブロック

広告の許可とブロックをクリック

広告主のURLのタブをクリック

ここでブロックするURLを一つづつ入力してブロックします。

www.amazon.co.jp
www.rakuten.co.jp

さらに、「広告ネットワーク」のタブをクリック

検索窓から更に個別に検索し、検索ワードにひっかかった広告をすべてブロック。

「rakuten」

「criteo」

 

Google AdSenseで広告をブロックしてみて、まとめ

参考にGoogle AdSenseとAmazon、楽天なんかで検索をかけてもらうと、先人の方たちの記録を拝見することができます。

比較的簡単に設定を変えることができました。

効果のほどは未だ未知数ですが、Amazoと楽天の広告をいれる下準備として、今回の設定を行いました。

ではではー

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました