PR

東京タワーGW2024混雑状況は?無料駐車場もチェック

東京タワーと言えば、高度経済成長のシンボルとして電波塔の役割を担ってきました。

現在では、電波塔の役割はスカイツリーにとって変わられていますが、FM放送の電波を発信しています。

ここではそんな東京タワーのGW2024の混雑状況はどうなのか?

また無料駐車場についてもチェックしていきます。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

東京タワーGW2024:混雑状況は?

東京タワーのGWの混雑状況について気になる方もいると思います。

ズバリ、東京タワーのGW2024の混雑状況は、混雑すると予想します。

GWはどこも混雑している中、やはり東京タワーも混雑する場所の1つだと言えます。

では、なぜ混雑するのかを過去のGWの混雑状況から見てきたいと思います。

過去の2023年のGWの混雑

過去の2023年のGWの混雑状況について、見ていきます。

2023年5月9日

5月9日の情報では、疲労と混雑の覚悟を決めて東京タワーに訪れています。

東京タワーと言えば、SMAPのがんばりましょうのCDのジャケットを思い出す人もいるのではないでしょうか。

東京タワーは、さまざまな影響を与えているタワーでもありますね。

現在は、スカイツリーに電波塔としての役割を譲り、FM放送のアンテナとして電波を送り続けています。

またシンボルとしての人気は健在で、多くの方に親しまれていますね。

2023年5月7日

5月7日の情報では、「すごい混雑だった」と混んでいた様子。

しかしトップデッキまで登ると、少人数でゆったりと過ごせてもいるよう。

東京タワーにSMAPの思いを馳せる人もいれば、コナンに思いを馳せている方もいますね。

2009年4月18日に公開された「名探偵コナン 漆黒の追跡者」のことでしょうか。

コナン好きの人も、東京タワーに訪れているようです。

スポンサーリンク

2023年5月5日

5月5日その①

5月5日その①には、混雑を避けながら、ひたすら都内を歩き回っている方もいました。

東京タワーでは、333匹の鯉のぼりがあげられて、こどもの日にふさわしい催しとなっていますね。

例年春の恒例企画として、GWまでの期間に333匹の鯉のぼりが上げられます。

風に揺られながら泳いでいる鯉のぼりは、見ているだけでも目を楽しませてくれますね。

東京タワーに登らなくても、これだけで訪れる価値があります。

5月5日その②

5月5日のその②では、「とても混雑していた」という声もあります。

やはり東京タワーは、人気スポットですね。

昼も夜も楽しめる東京タワーは、不思議な魅力があります。

過去の2019年のGWの混雑

過去の2019年のGWの混雑状況について見ていきます。

2019年5月3日

5月3日の情報では、トップデッキツアーを申し込んでスムーズに行くはずが、GWで混雑しておりトップデッキから上がる、降りると言った時にも結構待ったようでした。

トップデッキは、高さ250mの特別展望台が2018年3月3日よりリニューアルされ、名前が変わっています。

さらにトップデッキツアーは体験型の展望ツアーとなっており、アトラクション感覚で東京タワーの歴史や現在、今後の未来都市のような雰囲気を感じることができます。

メインデッキ(高さ150m)とトップデッキ(高さ250m)では、料金に倍以上の違いはありますが、トップデッキに上がる価値は十分あると思います。

スポンサーリンク

2019年4月28日

4月28日の情報では、かなりの混雑ぶりでした。

入場するだけでも大行列のありさま。

2018年12月に開業60周年を迎えており、その一環で大展望台は「メインデッキ」(高さ150m)と特別展望台は「トップデッキ」(高さ250m)とリニューアルしています。

リニューアルされたことにより、より魅力が増したこと、GWであることで混雑していたようです。

東京タワーGW2024:無料駐車場は?

東京タワーの混雑状況は分かっていただけたと思います。

次に気になることは、駐車場だと思います。

ここでは、無料駐車場があるのか?独自に調査をしてみました。

ズバリ、終日無料の駐車場はないようです。

東京タワーのすぐそばにある駐車場には、地上駐車場と地下駐車場があります。

公式サイトの詳細はこちらから確認できます。

最初の1時間は600円、それ以降は30分毎に300円追加となります。

営業時間は、9:00~22:30(入場22:00まで)

夜はすぐ側から見られるのもポイントですね。

東京タワーと言えば、ライトアップも1つの醍醐味ですね。

夜のライトアップは混雑しているという情報ないため、穴場になっているかもしれません。

東京タワー構内駐車場

東京タワーの構内駐車場はこちらの地図になります。

収容台数は200台ほどとなっており、ついたらすぐ東京タワーに行くことができます。

お手軽に東京タワーに行きたいという場合はこちらがおすすめですね。

迷うこともなく行けると思います。

東京タワー地下駐車場

東京タワーの地下駐車場はこちらになります。

こちらは150台ほどとなっており、こちらもオススメになりますね。

地上への出口が撮影名所のポイントになっているせいか、出入りする際は何分も待たされたり、気を使わなければいけないことがあるようです。

観光の外国人や、モデルさんが一眼レフで撮影していたりと人気のようで、少し注意が必要です。

まとめ

  • 東京タワーのGWの混雑状況は例年混雑している
  • 今年も混雑していると予想
  • GWには春恒例企画として、鯉のぼりが333匹泳いでいる
  • メインデッキも良いが、トップデッキツアーも一見の価値あり
  • 無料駐車場はない
  • 近くの駐車場を使うとスムーズ

今回は東京タワーのGWについてみていきました。

混雑状況としては、例年混雑しており、疲労と混雑の覚悟は必要でしょう。

しかし333匹の鯉のぼりは行くだけでも価値がありますし、上にいくのであればトップデッキツアーも参加したいところです。

この記事でステキなGWになれば、コレ幸いです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました